サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

山梨車協
組合概要について

いつもありがとうございます
理事長挨拶

第19期
青年部会長所信

主な活動はこちら
組合活動の紹介

ご参加ください
活動スケジュール

プロショップはこちら
会員工場の紹介

私たちがサポートします
サポータ企業紹介

一緒に参加しませんか?
組合員・賛助会員募集

山梨車協
購買品一覧

こんな仕事してます
クルマの鈑金作業

お世話になっております。
関連リンク集

 

  【山梨県自動車車体整備協同組合】理事長挨拶
  
  「きっちりとした仕事をして適正な対価を受け、誇りをもって次世代に引き継げる職業としての自動車車体整備業の確立を目指して」  

  イメージ写真 山梨県自動車車体整備協同組合
理事長 市川 清
 

  国内総生産速報値は5四半期連続のプラス成長となり約11年ぶりの増加となりましたが、中小零細企業の我々自動車業界を取り巻く環境は厳しさを増し日本経済の成長を実感できない状況です。
4年前の自動車保険料率事故等級係数改定に伴い、エンドユーザーが修理を行わないケースが見受けられる事、各メーカーが競って導入する先進安全自動車(ASV)の普及に伴い前年に比べ事故を起こさない自動車が増えたことにより入庫台数のさらなる減少が予想されます。
さらに国内においては、若者の車離れ・少子高齢化の影響に伴い新車、中古車販売市場の拡大が見込めない状況下にあり、益々我々の業界は厳しくなっていくばかりです。私達、組合員としても技術力を向上し先進安全自動車(ASV)に対応できる事業所となり、ユーザーへさらなる周知と法令順守(コンプライアンス)の経営を地道に行う事で、適性な利益を生み出す仕事量を確保しエンドユーザーからも、選ばれる工場になっていくことが大切だと考えます。そして料金問題を是正するため関東地方自動車車体整備協同組合連絡協議会はもとより日本自動車車体整備協同組合連合会と歩調を合わせ組合としての標準料金を策定する事が大切であると考えます。
そして我々組合員が健康で安心して働ける職場づくりの為に、労働安全衛生法に基づく健康診断等の継続的な実施と有機溶剤・特定化学物質等の適正な管理による作業場の環境改善が必要となります。
今年度は以上の事を踏まえながら少しでも多くの仲間を増やし、新規組合員の増強を兼ねると共により良い組合にしていきたいと思います。
どうか組合員の皆さん「適正な対価を受け、次世代に引き継げる持続可能な自動車車体整備業の確立」に向けて組合員一丸となり勇気を持って目標実現に向けて進んで行きます。

結びに賛助会員並びに関係企業の皆様のさらなるご支援、組合員の皆様のご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
 

 

上ブログ

下ブログ

 

 



 

会員専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

 

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース